MARK USAGE GUIDE認証マークの使用案内

認証マークの使用について

認証マークの使用は公信力がある機関より認証登録されたことを表す象徴的な表現として、厳格な規定を設けております。
GCERTI認証院から認証を受けた企業は、認証ロゴデータと共に認証に関する広報をすることができます。

※認証マークの使用は認証書を発行した日から有効期間内でのみ使用しなければならず、広報基準は、関連規則に基づき、以下のような内容を順守しなければなりません。

使用事例 使用可否
会社の公文書上段、パンフレット、名刺、ホームページ等
GCERTI認証院のロゴマーク単独使用
製品の運搬用包装紙及び製品の個別包装 不可
試験成績書、校正、検査成績書等 不可
IAFまたは認定機関(IAS)ロゴマーク単独使用 不可
  • 認証機関においてマークの誤用または認証停止時の認証マーク使用は認証取り消しになる可能性があり、認証マークを正しく使用していないことが発見された場合、直ちに是正処置、認証書の回収、訂正広告など、適法な処置を取らなければなければなりません。
  • 認証されていない組織が認証を受けたように虚偽で使用した場合、表示·広告の公正化に関する法律及び同法施行令に基づき、処分されることがあります。
  • 認証されたクライアントは認証されたという文句を製品の包装または同伴される情報に(accompanying information)使用することができる。
    製品包装は、製品を解体したり破損したりせずに除去できることを意味し、情報は(accompanying information)分離して使用したり、簡単に取り外したりできることを意味する。
    (タイプラベルや識別版は(identification plates)製品の一部とみなされる)
  • 文句は次の通りである
    例)"00社"はISO9001品質経営システムをGCERTI認証機関から取得しました。

ロゴの使用について

OK
NG
見積もり依頼 お問い合わせ
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial