ISO14001
COLUMNISO規格の知識コラム(ISO14001)

ISO14001

ISO14000とISO14001の違いとは?

2022.02.10
ISO14000とISO14001の違いとは?

ISO14000とは環境マネジメントシステムに関する国際規格群の総称のことで、ISO14001とは環境マネジメントシステムの要求事項及び実施についての手引きのことです。
皆さんが一般的に見たり聞いたりされているのはISO14001又はJISQ14001になります。

本記事ではISO14000ISO14001違いについて詳しくご説明し、ISO14000ファミリーについてご説明をさせていただきます。

ISO14000とISO14001/JISQ14001の違い

まずは結論からお伝えしますと、先述の通り

  • ISO14000・・・環境マネジメントシステムに関する国際規格群の総称
  • ISO14001・・・環境マネジメントシステムの要求事項及び実施についての手引き

であり、皆さんが一般的に見たり聞いたりされているのはISO14001又はJISQ14001になります。

ISO14001とJISQ14001については、

  • ISO14001・・・国際認証機関が定めた国際的な認証
  • JISQ14001・・・日本工業規格のうちマネジメントシステム分野についての記載文書

のことで、JISQの記載はISOの原文内容を意味を変えることなく和訳した文書になります。
ISO=原文でJIS=ISOの和訳という認識で問題ありません。

日本国内での認証審査や構築運用の際に使用するものはJISQが主流になります。

GCERTIのISO14001審査は審査がスピーディ・審査料が安い・お客様の負担が少ない

ISO14000及びISO14000ファミリーとは何なのか

そもそもISOやJISにて記載のある「環境」とは皆さんが想像する地球環境や海洋環境のようなモノも含む、組織が少しでも関わっているものに対する「環境」を指します。

例えば従業員の労働環境、お得意様との会社環境など。「状況」という言葉にも置き換えることは可能です。
ISO14000ファミリーとはこういった「環境」に対する取り組みについてを規程した規格群のことを指します。

次の項にて詳しくご説明致します。

ISO14000及びISO14000ファミリーについて

ISO14000については前項で簡単にご説明いたしました。
では国際規格群とはどのようなものがあるのか、代表的なものをいくつかご紹介いたします。

ISO14000及びISO14000ファミリーについて

ISO14004

ISO14001に対する管理策が具体的に記載されており、構築した環境マネジメントシステムをより高い次元で運用するための指針書となっています。
ISO14001を取得するうえでは実施・考慮の必要がない環境への取り組みを記載した規格ですが、 ISO14001の要求事項への理解度を深めるためやより環境に配慮した組織の活動のためにも機会があれば一読されるのも良いかと思います。

ISO14015

用地、つまり土地の土壌汚染にスポットをあてた対策が記載されている規格です。
ISO14001内には、特定の環境汚染に対する対策や有効な対応等は記載がございません。
ISO14015以外にも特定の環境汚染に対する対応策が記載されている規格書もございますので、気になる方は検索して見ても良いでしょう。

ISO14020

「環境ラベル」に関する規格書です。
環境ラベルとは消費者に対して企業の環境に対する取り組みをアピール(伝達)するためのモノのことを指します。
例えばグリーンマークやエコマークなどが該当します。
こういった環境ラベルの取り扱いについて定めた規格書がISO14020です。

ISO14031

環境パフォーマンスについて規定した規格です。
環境パフォーマンスとは組織が発生させている環境への負荷(影響)への対策の成果の事です。
どれほど有効な対策を実施していても実施している事業者ごとに評価の指標が違っていては、比較して成果を見るなど正確な評価をすることはできません。
この評価の基準・規程を定めた規格書がISO14031になります。

ISO14040

ライフサイクルアセスメントについての記載がある規格です。
ライフサイクルアセスメント(LCA)とは、ある製品の製造開始段階(原材料の仕入等も含む)~エンドユーザーに届くまでの工程それぞれでの環境負荷(影響)を明確にし、低減するための改善策を考えることです。
昨今では環境負荷の見える化として主に使用されています。

ISO14050

ISO14001に記載がある単語について説明している規格です。
環境マネジメントシステムを構築・運用していこうとお考えの企業担当者様は、こちらの規格を読まれると必要な文書類や実施しなければならない事項など、ISO14001構築・運用の際に必要となるモノについて理解が深まり効率よく進めていけるのではないでしょうか。

ISO14063

環境コミュニケーションに関する規格です。
環境コミュニケーションとは環境問題への取り組みについて意見の交換会などを実施し、問題の未然防止や発生した際の影響の低減を図り、全ての関係者が環境問題についての理解を深め信頼関係を構築していく取り組みのことです。
スムーズな環境コミュニケーションを実施するための指針書が当規格です。

ISO14064

温室効果ガスに関する規格(群)です。
温室効果ガスについてはISO14064内にて3部構成+続く2項番にて記述があります。
内容としては算出方法、報告、検証などについて記載がございます。
ISO14065は認定機関を対象に、ISO14066は審査員を対象に記述されています。

まとめ

以上、ISO14000ISO14001違いと代表的なISO14000ファミリー規格についてご紹介させていただきました。

認証審査の際必要になるISO14001以外はあまり目にする機会が無いかもしれませんが、ご興味のある方は一度お調べになると組織に関わる環境負荷、環境課題についての取り組みの手助けとなる指針を見つけることができるかもしれません。
そんな改善活動の一歩として本記事を参考にしていただければ幸いです。

  • SNSでシェアする

株式会社GCERTI-JAPANはISO審査機関(ISO認証機関)です。
ISO9001・ISO14001・ISO27001・ISO45001に関する審査及び審査に関するセミナー・研修の企画、運営についてお困りの際はお気軽にご相談ください。経験豊富な現役のISO審査員がお応え致します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

辻野 久興
辻野 久興ISO審査員

主に品質マネジメントシステム/環境マネジメントシステムの審査員として活動しています。 審査では、お客様の緊張をほぐし、良い雰囲気作りを心がけています。 規格について分からないことがあればいつでも相談してください。

お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら
見積もり依頼 お問い合わせ
展示会限定特典あり!CSPI EXPOに
出展致します
詳細はこちら
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial