ISO9001
COLUMNISO規格の知識コラム(ISO9001)

ISO9001

ISO9001認証取得企業数の推移

2022.01.07

日本のISO9001認証取得企業数は2007年以降減少傾向にあり、日本の認証審査機関を統括する公益財団法人日本適合性認定協会(Japan Accreditation Board)の最新の発表によると2020年3月末時点では30,371件となっています。

本記事では、上記の公益財団法人日本適合性認定協会(Japan Accreditation Board)の発表をもとに2000年〜2020年の20年間における日本のISO9001認証取得企業数の推移とその傾向、また、世界各国のISO9001認証取得企業数についてもご紹介致します。

日本のISO9001認証取得企業数の推移

日本でのISO9001取得企業数は、以下のように推移しています。

1認証取得企業数の推移

引用元:公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)ホームページ

上記グラフからも分かるように、ISO9001の認証取得企業数は2006年にピークを迎え、2007年以降は減少傾向にあります。
具体的な認証取得企業数は以下のとおりです。

2000 10,745
2001 16,512
2002 22,438
2003 30,030
2004 35,809
2005 40,421
2006 42,763
2007 43,023
2008 42,389
2009 40,760
2010 38,668
2011 37,076
2012 36,598
2013 37,217
2014 38,101
2015 37,642
2016 36,636
2017 35,708
2018 34,446
2019 33,121
2020 30,371

引用元:公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)ホームページ

日本のISO9001認証取得企業の特徴

日本のISO9001認証取得企業を産業別で分類すると、最も取得している企業数が多いのが製造業で、次いで建設業となっています。

ただし建設業に関しては2006年以降の取得企業数がどんどん減少しており、約15年で半数以下になっています。
前項でお伝えしたように日本のISO9001認証取得企業数が減少傾向にあるのは、この建設業における取得企業数の減少が大きな要因です。

建設業における取得企業数がここまで変動している理由は、国土交通省が設定した入札参加条件で必須であったISO9001の取得が緩和されたことによるものだと考えられます。

建設業以降は学術研究、専門・技術サービス業/卸売業、小売業/サービス業/情報通信業/運輸業、郵便業/生活関連サービス業、娯楽業/医療、福祉/金融業、保険業/不動産業、物品賃貸業が続きます。

ISO9001は名前の通り品質マネジメントシステム規格で、品質管理の国際基準に基づき製品やサービスの品質を継続的に向上させることを目的としています。
そのため製造業向けの規格だと思われている方が多いでしょう。

実際に日本のISO9001認証取得企業数のうち約6割を製造業が占めていますが、ISO9001は企業運営(マネジメント)の質を向上させることを目的としているため、本来は製造業以外の業種でも大いに役立つ規格です。

ISO9001取得のメリットについては以下の記事でご紹介していますので、製造業の方はもちろん、製造業以外の方もぜひご一読いただき、ISO9001について改めて知り、取得について前向きにご検討いただければ幸いでございます。
ISO9001を取得するメリット・デメリット

世界各国のISO9001認証取得企業数

さて、最後はご参考までに2019年における世界各国のISO9001認証取得企業数をご紹介致します。

中国 280,386
イタリア 95,812
ドイツ 47,868
インド 34,397
日本 33,330
スペイン 30,801
イギリス 25,292
フランス 21,696
アメリカ 20,956
ブラジル 17,952

引用元:ISO Survey 2019 results – Number of certificates and sites per country and the number of sector overall Functions – ISO

さすが中国といったところでしょうか。
こうして具体的な数字を見てみると、ISO9001が世界的に需要のある規格であり、日本国内の取得企業数が減ってきている今こそ、グローバル展開時に一歩リードするために役立つ規格であることが伺えますね。

本記事がISO9001取得または維持における検討材料としてお役に立てれば幸いです。

  • SNSでシェアする

株式会社GCERTI-JAPANはISO審査機関(ISO認証機関)です。
ISO9001・ISO14001・ISO27001・ISO45001に関する審査及び審査に関するセミナー・研修の企画、運営についてお困りの際はお気軽にご相談ください。経験豊富な現役のISO審査員がお応え致します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

中本 郁也
中本 郁也ISO主任審査員
ISOをやめてもその書類は継続して使いますか? ISOのための書類、ISOのための運用は無駄しかありません。会社の実務に会った運用状況を審査していきます。 落とすための審査ではなく、ISOを有効活用できる審査を目指しています。
見積もり依頼 お問い合わせ
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial