ISO9001
COLUMNISO規格の知識コラム(ISO9001)

ISO9001

ISO9001を取得しない・更新をやめた企業の理由とは

2022.11.04
ISO9001を取得しない・更新をやめた企業の理由とは

企業ISO9001の取得や、取得していたISO9001の更新をやめた主な理由として、「費用面」「書類作成」「書類管理」等の要因が挙げられます。

本記事ではISO9001を取得していることで得られるメリット・デメリットを確認しつつ、ISO9001の取得や更新をやめる要因となるデメリットの部分を特に深堀りしていきます。

はじめにお伝えしておきますと、このデメリットについては弊社(株式会社GCERTI-JAPAN)で審査を受けていただければ解消できます!
その理由も合わせてご紹介してまいりますので、どうか最後までお付き合いくださいませ。

ISO9001の「メリット」「デメリット」

本題である、企業ISO9001の取得・更新をやめた理由に入る前に、まずはISO9001を取得することでどのような「メリット」「デメリット」があるのかをお伝えさせて頂きます。

まず、ISO9001とはISOが定めた品質マネジメントシステムのことです。
品質管理の国際基準に基づき、製品やサービスの品質を継続的に向上していくことで、顧客満足の向上を図る規格になります。

そんなISO9001を取得、また維持することで、下記のような「メリット」「デメリット」がございます。

ISO9001の「メリット」

  1. 企業としての信頼感が上がり、取引先拡大に繋がる。
  2. 組織のシステムが構築され、生産性が上がる。
  3. 人に依存せず、品質を維持でき、従業員教育の効率が上がる。
  4. 継続的に品質が改善され、常にお客様からの信頼を得られる。
  5. 責任と権限が明確になり、従業員の満足度がアップする。

ISO9001の「デメリット」

  1. 高い費用がかかる。
  2. 書類作成に手間がかかる。
  3. 書類の保管管理が大変。

以下の記事でISO9001取得のメリット・デメリットをさらに詳しくおまとめしていますので、ぜひご一読ください。
ISO9001を取得するメリット・デメリット

ISO9001を取得しない・更新をやめた企業の理由

ISO9001を取得、また維持することで多くの「メリット」「デメリット」があることを確認したところで、本題に入っていきましょう。
なぜISO9001を取得、更新をしない企業があるのでしょうか。

色々な理由が考えられますが、最も大きい要因として「デメリット」の部分を懸念される企業様が多いのではないでしょうか。

高い費用がかかる

ISO取得のための審査を受けるには、毎年審査費用がかかります。
業務内容、従業員数、拠点数などによって、審査費用は異なりますが、年間約50万円から100万円かかると言われています。

もちろん、それだけの費用をかけて、取引先が拡大し、売上がかけた費用以上に上がるのであれば問題ないのですが、なかなか踏み切れない企業様が多くいらっしゃいます。

書類作成に手間がかかる

審査前になると、審査準備で書類作成にかなりの手間がかかります。

私が営業担当したお客様は以前、別の審査機関で審査をしていた時は審査3日前になると徹夜をして準備をしていたと仰ってました。
それも、普段の業務では使用しないISOのための書類です。

このようなことから、普段の業務との両立ができないという理由で断念される方もいます。

書類の保管管理が大変

書類作成だけではなく、作成した書類は来年度の審査、またそれ以降も継続して保管する必要があります。
このような管理も面倒で、更新を止めてしまうお客様もいらっしゃいます。

GCERTIのISO9001審査は審査がスピーディ・審査料が安い・お客様の負担が少ない

GCERTI-JAPANのISO9001審査なら

ここまで記事を読んで頂き、「じゃあ取得をやめよう」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ちょっとお待ち下さい!
実は、先述の「デメリット」はISO9001審査を受ける審査機関をきちんと選ぶことですべて解消されます。

今、日本には数十社の審査機関があります。
そして、審査機関によって審査の方法・内容が異なります。

ここでは弊社(株式会社GCERTI-JAPAN)でISO9001審査を受けていただくとデメリットが解消される理由をご紹介致します。

株式会社GCERTI-JAPAN)でISO9001審査を受けていただくとデメリットが解消される理由

理由① 審査員の社員雇用

1つ目は審査員を社員雇用していることです。

ほとんどの審査機関の審査員は8割~9割が外部で契約された審査員ですが、弊社は6割~7割の審査員を内部で雇用しております。
内部で審査員を雇用することで審査費用も適正価格になり、他社と比較しても安くご提供することができます。

飲食で例えると外食すると場所提供や料理も外注になるので価格が高くなりますが、自炊すると安く付きますよね?
その仕組みと同じです。

理由② 審査員の年齢層が若い

2つ目は審査員の年齢層が若いことです。

ほとんどの審査機関の審査員の平均年齢は60代~70代が一般的ですが、弊社の審査員の平均年齢は35歳です。
そのため、企業規模に合わせた柔軟な審査が可能で、お客様の書類作成等の負担も最小限に抑えることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もし、現在取得をご検討・もしくは更新をやめることをご検討されておられる方がいらっしゃいましたら、ぜひ弊社(株式会社GCERTI-JAPAN)にご相談下さいませ。
不安点、問題点を解決できるよう、ご提案させて頂きます。

本記事が皆様のお役に立つことが出来れば幸いです。

ISO9001に関するよくあるご質問

QISO9001の取得はやっぱり難しいですよね?

いいえ、実は難しくありません。
ただ、認証機関によって難易度は異なりますのでご注意下さい。
GCERTI-JAPANでは、審査通過率100%を維持しております。

Qマネジメントシステムとは何ですか?

組織がある目的や目標を達成するために、組織を効率的に管理・指揮するための仕組みのことです。
PDCAサイクルをまわしていく=計画→実行→評価→改善のフローを繰り返し行い継続的改善を実施することが基本となります。

Q品質マネジメントシステムとは何ですか?

「品質」とは、顧客を満足させる為の製品やサービスそのものが持つ能力のことを指します。
そして品質マネジメントシステムではこの「品質」に焦点を当て、組織内の仕組み構築・運用・継続的な改善によって顧客満足を向上させていくことを目的としています。

  • SNSでシェアする

株式会社GCERTI-JAPANはISO審査機関(ISO認証機関)です。
ISO9001・ISO14001・ISO27001・ISO45001に関する審査及び審査に関するセミナー・研修の企画、運営についてお困りの際はお気軽にご相談ください。経験豊富な現役のISO審査員がお応え致します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

小林 卓慈
小林 卓慈ISO審査員

一審査員として、社会貢献ができるよう努めてまいります。 また、営業面ではお客様にとって、より良い提案ができるよう、お客様とのコミュニケーションを大事にしております。

お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら
見積もり依頼 お問い合わせ
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial